2017年6月27日火曜日

 言語バーが表示されない場合の基本的な方法

a. Windows Vista で言語バーが表示されない場合


・スタート ⇒ コントロール パネル ⇒ キーボードまたは入力方法の変更
・地域と言語のオプション ⇒ キーボードの変更


b. Windows7で言語バーが表示されない場合


・スタート ⇒ コントロール パネル
・時計、言語、および地域 ⇒ キーボードまたは入力方法の変更
・地域と言語 ⇒ キーボードの変更 ⇒ テキスト サービスと入力言語

c. ここからは、Windows Vista/7 共通です


 ⇒ 全般
・[既定の言語]が次のいずれかになっていない場合は選択して[適用]
Microsoft IME (Windows Vista/7 標準のIME)
Microsoft Office IME 2007 (Microsoft Office 2007 が入っている場合)
Microsoft Office IME 2010 (Microsoft Office 2010 が入っている場合)

 ⇒ 言語バー
・[言語バー] で、[表示しない] が選択されているかどうかを確認する。
選択されている場合は、
[デスクトップ上でフロート表示する] または [タスク バーに固定する] を選択する。

なお、「Microsoft Office IME 2007」の場合は「Microsoft Office IME 2010」をダウンロードしてインストールすることをお勧めします。

http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=30390
InputMethodEditor x64 ja-jp.exe 78.2 MB (64ビット用)
InputMethodEditor x86 ja-jp.exe 78.1 MB (32ビット用)


(参考)
http://support.microsoft.com/kb/958406/ja
自分のパソコンが 32 ビット版か 64 ビット版かを確認したい


d. 上記で直らない場合は、「詳細なテキストサービスを使用しない(N)」


 ⇒ 全般 ⇒ インストールされているサービス
・Microsoft IME (Windows 7 標準のIME)
・Microsoft Office IME 2010 (Microsoft Office 2010 が入っている場合)
[既定の言語]のものと同じものをクリック ⇒ プロパティをクリック
 - その他 - 詳細なテキストサービス
[詳細なテキストサービス]をクリック - 詳細なテキストサービスの設定
○詳細なテキストサービスを使用しない(N)
をチェックして[OK]

(注) この変更を行うと Microsoft IME 2000互換のツールバーとなり、予測変換が使用できない、タスクバーに入れることができなくなる場合があるなどの制約があります。


e. ctfmon(CTF ローダー)を「スタート アップ」フォルダに登録する方法


Windows XP ではスタートアップ (レジストリの Run キー) で ctfmon.exe
を起動することで言語バーを表示していますが、Windows Vista 以降は、
本来はタスク スケジューラでログオン時に実行されるタスクとして
 TextServicesFramework monitor (MsCtfMonitor)
を呼び出して言語バーを利用可能にしています。

ctfmon.exe も互換性のために残されているので、レジストリの run に新規追加、あるいは「スタート アップフォルダ」に登録する方法でも言語バーは表示されますが、正しい状態に回復している訳ではありません。
(ちなみに TextServicesFramework monitor と ctfmon.exe が両方実行されると、言語バーが二つ表示されたり、日本語入力がうまくできなくなったりします)

(マイクロソフト)
http://answers.microsoft.com/ja-jp/windows/forum/windows_vista-desktop/言語バーが/1af32d4b-dc09-49b8-9222-7c40674be931
言語バーが見当たらない


http://support.microsoft.com/kb/282599/ja
[OFFXP] CTFMON プログラムの概要と機能
Ctfmon.exe により、入力システムを拡張するテキスト入力プロセッサ(TIP)
 および Microsoft Office 言語バーがアクティブになります。
Ctfmon.exe はアクティブなウィンドウを監視し、音声認識、手書き認識、キーボード、翻訳機能などのユーザー入力テクノロジをサポートするテキスト入力サービスを提供します。


f. TextServicesFramework monitor (MsCtfMonitor) を有効にする方法


コントロールパネル → システムとセキュリティ → 管理ツール
 → タスク スケジューラ(をダブルクリック)

メニューバーの[表示]で次に[レ]を入れる
□ 非表示になっているタスクを表示

左側の
タスク スケジューラ ライブラリ → Microsoft → Windows
 → TextServocesFramework
右側の
MsCtfMonitor
実行中でない場合、MsCtfMonitor を右クリックして [実行する] で実行中に変更できるか、試してください。






ユーザープロファイルのコピー

Windows10 - 新しいユーザーへデータ、および、設定を移行する方法

このコンテンツでは、Windows10 で 新しいユーザーへデータ、および、設定を移行する
方法について説明をしています。

【操作手順】

1. 新しく作成したユーザーでサインインし、[Windows キー] と [X] のキーを同時に押し、表示されたメニューから [エクスプローラー] をクリックします。

2. [PC] をクリックし、[ローカルディスク(C:)] を開きます。

3. [ユーザー] フォルダーを開きます。

4. 新しく作成したユーザー名のフォルダー (ここでは [TEST] フォルダー) を開きます。

5. 表示されているフォルダーを画面右端に移動します。

6. そのまま表示した状態で 「1」~「3」と同じ手順を進め、以前まで利用していたアカウントのフォルダー (ここでは[TEST_OLD]) を開きます。

7. 左に以前からあるアカウントのフォルダー(ここでは [TEST_OLD])、右側に新しく作
成したアカウントのフォルダー(ここでは[TEST])が並んだ状態にします。
表示されたフォルダすべてを、以前のアカウントのフォルダーから新しいアカウントの
フォルダーへコピーします。

※注意
・「Microsoft Office Outlook」や「Windows Live Mail」をご利用の場合は、隠しフォル
ダの[AppData]も、新しく作成したアカウントのフォルダーへコピーする必要があります。

以上で新しく作成した別のアカウントへのデータ移行は完了です。
新しいアカウントで正しく動作することが確認できましたら、以前のアカウントのフォル
ダーは削除いただいて構いません。


Windows 10の再インストール

Windows 10の再インストール

Windows 10の再インストールの方法とは


Windows 10には、スタートアップ修復、回復ポイントによる復旧、初期状態に戻すなど、トラブルに対する復旧手段がいろいろと用意されています。最悪でも、アップグレード後の1か月以内なら、元のバージョンのWindowsに戻すこともできます。そのため、たとえトラブルに遭遇しても、OSを再インストールしなければならないような事態に陥ることは、昔ほど多くはありません。ですが、再インストールの機会が、まったくないわけではなりません。たとえば、新しいハードディスクに新規にWindowsをインストールしたい、システムパーティションがロックされて初期状態にすら戻せない、あるいは、パーティションテーブル形式を変更するような場合は、OSの再インストールが必要になります。

Windows 10にアップグレードしたときは、Windows Update経由、メディア作成ツールでのダウンロード、USBやDVD.ISOからSETUP.EXEを起動するといった方法で行いました。通常版のWindows 10であれば、再インストールはインストールメディアから起動するのが普通の方法です。しかし、ライセンス認証のためにプロダクトコードの入力が求められます。これはアップグレードのときも同様でした。インストールメディアから起動すると、必ずプロダクトコードの入力が求められます。しかし、無償アップグレードでは、プロダクトコードが提供されません…。

1つ考えられるのは、メーカーが提供している回復ディスクやリカバリディスクを利用して、システムを工場出荷の状態に戻し、そこからWindows 10にアップグレードすることはできます。しかしこのやり方は、無償アップグレード期間の2016年の7月末までしか通用しません。

となると、Windows 10の再インストールはどうすればいいのでしょうか?

実は、それほどもったいをつける話ではありません。「Windows 10のインストールタイプ」の説明でも簡単に書きましたが、無償でアップグレードした後でも、Windows 10の再インストールには、USBメモリやDVD.ISOなどのインストールメディアから起動して行います。プロダクトコードは必要ありません。

確かに、インストールの途中で、2回プロダクトコードの入力を求められます。ですが、これは「スキップ」と「後で」をクリックして、やりすごします。

プロダクトコードの入力画面

いったんWindows 10に無償アップグレードを行い、ライセンス認証が行われていれば、再インストール後も、既存のシステム情報からライセンス認証が行われます。これは新しいハードディスクに交換した場合でも可能です。ただし、これまでのWindowsのライセンス認証と同様に、プロセッサや基板の変更など、大幅なハードウェア構成の変更があった場合は、その限りではありませんので、注意してください。



2016年12月25日日曜日

Windows 10 休止状態(ハイバネーション)を停止

休止状態(ハイバネーション)を停止するには、

コマンドプロンプトで

powercfg /h off

停止すると、ハイバネーション用のファイル(hiberfil.sys)を作らなくなるので
ディスク容量を節約できます。


休止状態(ハイバネーション)を開始するには、

コマンドプロンプトで

powercfg /h on





2016年5月17日火曜日

Windows 10 メール設定 ポート番号

Windows 10 の標準メールソフトの設定でポート番号の入力欄が存在しない。

最近はスパム対策でポート番号を変更しているメールサーバーが多い。

そういうメールサーバーを使用したいときは、

新規登録の場合

1. [設定]-[アカウントの管理]-[アカウントの追加]を選択

2. [詳細セットアップ]をクリック

3. [詳細セットアップ]で[インターネットメール]を選択

4. 以下の項目を入力する。


  • アカウント名…メーラーのアカウント欄に表示される名前

  • 表示名…メールを送信したときに送信先に表示される名前
  • 受信メールサーバー…受信メールサーバーのURLと:(コロン)の後にポート番号
   例 pop3.xxxxxxx.ne.jp:998

  • アカウントの種類…pop3かIMAP4かを選択
  • メールアドレス…メールアドレスを入力
  • ユーザー名…メールサーバー接続のアカウント
  • パスワード…メールサーバー接続のパスワード
  • 送信(SMTP)メールサーバー・・・送信メールサーバーのURLと:(コロン)の後にポート番号
   例 smtp.xxxxxxx.ne.jp:467

  • 送信サーバーは認証が必要…契約のサーバーに従ってください。
  • メールの送信に同じユーザー名とパスワードを使う…上の項目にチェックを入れたとき、契約のサーバーに従ってください。
  • 受信メールにSSLを使う…契約のサーバーに従ってください。
  • 送信メールにSSLを使う…契約のサーバーに従ってください。


5. サインインをクリックしてください。




2016年5月14日土曜日

Windows 10のスタートメニュー、Windows ストア アプリ 不具合

スタートメニューを開けない。

「ビルトイン Administrator アカウントを使って、Microsoft Edgeを開けません」。のメッセージ

Windows ストアアプリ(メール・カレンダ・フォト・ストア)が開かない。

これらすべて共通の原因のようだ。

たぶん、ユーザープロファイルの不具合か、ユーザー権限の不具合と考えられる。


解決法


  1. 最初にローカルのAdministratorを有効にする。

    下記リンク参照
    ローカルのAdministratorを有効にする。

    ローカルのAdministratorを有効にしておくことはトラブルの時、効果的なので普段から有効にしておくべき。ただし、Administratorアカウントにパスワードを設定のこと。
    Administratorは困ったときに使うだけなので、パスワードを忘れる可能性があるので、必ずメモして、そのメモを適切に管理してください。

    また、次のステップに行く前に、Administratorでログインできるか確認しておくこと。
  2. Administratorでログインできたら、次のステップに進む。
  3. 次にローカルセキュリティポリシーを変更する。
  4. スタートボタン右クリック、[コントロール パネル]-「管理ツール」を開きます。
  5. 「ローカル セキュリティ ポリシー」を実行します。ローカル セキュリティ ポリシーは“ファイル名を指定して実行”から「secpol.msc」と入力することでも実行できます。
  6. [セキュリティの設定] → [ローカル ポリシー] → [セキュリティ オプション] の中にある「ユーザー アカウント制御: ビルトイン Administrator アカウントのための管理者承認モード」を有効にします。
  7. 同じところにある、「ユーザー アカウント制御: 管理者承認モードですべての管理者を実行する」を有効にします。

    追記
    Windows 10 Home にはローカルセキュリティポリシーがない。
    そのため上記の3~7を実行できない。
    ただし、ローカルセキュリティポリシーはレジストリーを変更するツールなので、
    Homeの場合は、レジストリーを直接修正する。

    1. Windowsキー+Rキーを同時に押し、「ファイル名を指定して実行」を開く
    2. 名前欄に「regedit」と入力して、OKをクリックし、レジストリエディタを開く
    3. 以下のレジストリーキーをクリックする

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\System

    似たようなキーがたくさんあるので間違えないように注意する。

    4. 右側に、FilterAdministratorToken があるのでダブルクリックする。
    5. 値のデータが0の場合は1に変えて保存する。
    6. レジストリエディタを終了し、パソコンを再起動する。再起動に時間がかかるがじっと待つ
  8. つぎに普段ログインしているユーザーの種類を変更します。
  9. スタートボタン右クリック、[コントロール パネル]-[ユーザーアカウント]の「ユーザーアカウント」を開きます。
  10. 該当のユーザーアカウントを選択し、[ユーザーアカウントの変更]で[アカウントの種類の変更]をクリック
  11. 普段のアカウントが管理者なら、標準をクリックしてチェックを入れる。
    標準であれば、管理者をクリックしてチェックを入れる。

    ※ ユーザーアカウントの変更の画面のユーザーのアイコンの所のユーザーアカウント名の下にAdministratorとあれば管理者、なければ標準。
  12. [アカウントの種類の変更]ボタンをクリックして、閉じる。
  13. PCを再起動して、普段のユーザーアカウントでログインする。
  14. この時点で不具合が解消されているか確認する。
    解消されていなくても次のステップを行うことで治るはず。
    治っていてもいなくても次からのステップは実行してください。
  15. [コントロールパネル]のユーザーアカウントの種類を元に戻す。
  16. もしユーザーアカウントの種類の変更ができない場合は、Administratorでログインし、該当のユーザーアカウントを選択して、アカウントの種類の変更を行う。
  17. 再度、再起動して普段のアカウントでログインすれば治っているはず。
  18. ここまでして治らない場合は、他の原因なので別の方法を検索してください。


    ※ 上記の作業はすべて自己責任で作業実施してください。




2016年5月13日金曜日

Windows 10 ショートカットキーの一覧

Windows 10 ショートカットキーの一覧

[Windows]キー

  • [Windows]キー … スタートメニューの表示と非表示を切り替える
  • [Windows]+数字キー … タスクバーにピン留めされたプログラム([1]キーの場合は一番左側のプログラム)を起動。すでに起動済みの場合は、当該プログラムをアクティブにする
  • [Windows]+[A]キー … “アクションセンター”を開く
  • [Windows]+[B]キー … 通知領域(タスクトレイ)にフォーカスを設定する
  • [Windows]+[C]キー … “Cortana”を起動してリスニングモードにする
  • [Windows]+[D]キー … ウィンドウをすべて非表示にしてデスクトップを表示する(もう一度押せば元の状態へ戻せる)
  • [Windows]+[E]キー … 「エクスプローラー」を起動して“クイック アクセス”を表示
  • [Windows]+[H]キー … [共有]チャームを表示する
  • [Windows]+[I]キー … [設定]画面を開く
  • [Windows]+[K]キー … [接続]パネルを開く
  • [Windows]+[L]キー … 端末をロックしてロック画面を表示する
  • [Windows]+[M]キー … すべてのウィンドウを最小化してデスクトップを表示する(もう一度押しても元に戻らない)
  • [Windows]+[O]キー … 端末の向きを固定する
  • [Windows]+[P]キー … [表示]パネル(外部モニターの利用時などに利用)を表示する
  • [Windows]+[R]キー … [ファイル名を指定して実行]ダイアログを表示
  • [Windows]+[S]キー … 検索機能を利用する
  • [Windows]+[T]キー … タスクバーのボタンを巡回する
  • [Windows]+[U]キー … [コンピューターの簡単操作センター]へアクセス
  • [Windows]+[V]キー … 通知を順番に切り替える
  • [Windows]+[X]キー … スタートメニューの右クリックメニュー(アドバンスドメニュー)を表示
  • [Windows]+[Z]キー … アプリのコマンドバーを表示
  • [Windows]+[Enter]キー … ナレーターの起動・終了
  • [Windows]+スペースキー … 入力言語とキーボードレイアウトの切り替え
  • [Windows]+[Tab]キー … タスクビューの表示
  • [Windows]+[,]キー … デスクトップを一時的に表示(ピーク)
  • [Windows]+[+]キー … 「拡大鏡」アプリで画面を拡大
  • [Windows]+[-]キー … 「拡大鏡」アプリで画面を縮小
  • [Windows]+[Esc]キー … 「拡大鏡」アプリを終了
  • [Windows]+[→]キー … アクティブウィンドウを画面右半分へ配置
  • [Windows]+[←]キー … アクティブウィンドウを画面左半分へ配置
  • [Windows]+[↑]キー … アクティブウィンドウを最大化
  • [Windows]+[↓]キー … 最大化されたアクティブウィンドウを元へ戻す。または最小化する
  • [Windows]+[Shift]+[↑]キー … 横幅を保った状態でアクティブウィンドウを最大化
  • [Windows]+[Shift]+[↓]キー … 横幅を保った状態でアクティブウィンドウを縦方向に元のサイズに戻すか最小化する
  • [Windows]+[Shift]+[←]キー … マルチモニター環境でアクティブウィンドウを左のモニターへ移動させる
  • [Windows]+[Shift]+[→]キー … マルチモニター環境でアクティブウィンドウを右のモニターへ移動させる
  • [Windows]+[Home]キー … すべての非アクティブウィンドウを最小化する。もう一度押すと元の状態へ戻る
  • [Windows]+[PrintScreen]キー … “ピクチャー”フォルダーにある“スクリーンショット”フォルダーへデスクトップ画面のスクリーンショットを保存する
  • [Windows]+[Ctrl]+[→]キー … 次の仮想デスクトップへ切り替える
  • [Windows]+[Ctrl]+[←]キー … 前の仮想デスクトップへ切り替える
  • [Windows]+[Ctrl]+[D]キー … 仮想デスクトップを作成する
  • [Windows]+[Ctrl]+[F4]キー … 現在の仮想デスクトップを閉じる
  • [Windows]+[?]キー … 「Windows フィードバック」アプリを起動する(日本語版Windowsの場合は[Windows]+[Shift]+[/]キー)

Ctrlキー(Ctrl)

  • Ctrl + A … すべてを選択
  • Ctrl + C … 選択した項目をコピー
  • Ctrl + N … デスクトップをエクスプローラーで表示
  • Ctrl + V … 選択した項目を貼り付け
  • Ctrl + X … 選択した項目を切り取り
  • Ctrl + Shift + ESC … タスクマネージャーの起動
  • Ctrl + マウスホイール … デスクトップ アイコンのサイズを変更